月別: 2019年4月

飲食店経営の難しさ

個人の飲食店経営はほとんどの人が大失敗する。それはなぜだろうか。私は20年もの間、いろんな飲食店経営の店を見てきた。

特にたくさん見てきたのが、脱サラのラーメン屋やスパゲティ屋だ。

この2つは、人柄が良くて真面目なサラリーマンがよくやりたがる業種といえる。

しかし、10年もの間、これらの個人店の経営を上手くやりきれる人は非常に少ない。

なぜか、それは、2つの大きな理由がある。1つは、ラーメンやスパゲティが好きでないこと。

ほとんどの人が儲かると聞いたか、個人でやれるなら、そっちの方がいいというノリでやる。

それぐらいの心意気で飲食店経営は絶対にやってはいけない。

ラーメン屋をやるなら、少なくとも、1週間で5日ぐらいはラーメンを食べるラーメンマニアでなければ、ラーメン屋は絶対に成功しない。

ラーメン屋で成功する店主は、狂信的なラーメン好きの人がほとんどだ。

それと、もう1つ、これは誰も言わないが、奥さんの成功体験があることが失敗につながる。

個人で何を経営するにも、奥さんが接客をする形態を選ぶ人がほとんどだ。飲食店経営などは、ほぼ100%その形態を選ぶ。

奥さんが高校時代や大学時代に優秀で、しかも、少しでも美しい容貌なら、必ずと言っていいほど、アルバイトなどをすれば、成功体験があるはず。

この奥さんの成功体験が、曲者で、夫を無謀な飲食店経営に走らせる失敗例が今の時代たくさんある。

飲食店経営で最も大事な戦略などは全く考えずに、ただ、小さな接客の成功体験だけで、500万円ものお金を今の時代は賭けていけない。

今の時代、成功している人はほとんどマニア的な趣味を持つ独身男性か離婚経験者が多い。

アダルトコミックなどが、そのいい例だ。今の時代、電子コミック化が実現して、アダルトコミックファンが求めているものを制作できれば、すぐに成功できるようなシステムができている。

アダルト同人誌配信ビジネスなどは、出版社を通さずに直接自分でアダルトコミックを売ることができる。

人気同人サークルの作品を見てみると、すぐに解るが、NTRや野外露出、人妻など、非常に細かく人気分野が細分化されている。

そんな同人誌配信ビジネスで大成功した黒猫スミスの叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてなどの作品は、人妻アダルトコミックファンに中心に絶大な人気になった。

おそらく、黒猫スミスのような人気同人サークルは、この3年ぐらいの間の同人誌ブームで1億円ぐらいのお金を儲けたと思う。

かかった経費はおそらく、10万円くらいのものだろう。非常に効率のいいビジネスといえる。

これからの商売は、同人誌配信ビジネスのようなお金がかからなくて、当たりが大きいビジネスをまず副業の形でやってみるとことが1番いいだろう。

本業でやるなら、その副業が大きく儲かるようになってからやればいいのだ。