最近の詐欺商法

運のよさを得ることができると宣伝したりして、最近はインターネットにいろんな詐欺的な言葉を並べて商売をしている人がいる。

こういうのは昔からある話なのだが、1番有名な詐欺がおれおれ詐欺だろう。

何度も何度もテレビなどでおれおれ詐欺について気をつけるようにと注意情報が流れても騙される人がいる。

この現象を見て識者の人が高齢者はネットを見ているからテレビでおれおれ詐欺の注意情報を出してもダメなんだなんて言う人がいる。

こういう人は現代の若者の生活の苦しさが全く解っていない。

上から目線でモノを言ってはいけない。

どうしておれおれ詐欺がなくならないか。これは現実の東京の若者、特に大学生の生活を見れば解る。20年前の大学生が見たら考えられないような厳しい大学生活を強いられている。

こんな過酷な生活を大学生活で送ってしっかり勉強できるのかとこちら心配になるほど、バイトに明け暮れて命を削ってお金を稼いでいる。

それも東京のエリート大学の在学生がそんな生活を送っているのだ。

この人たちはそれこそ頭の回転が優れていてしっかりとした基礎的学力を身につけている有能な人間たちだ。

生活に困ったこの若者たちが今、いろんな詐欺グループの手先となって学費を稼いでいるという。

エリート大学の頭のいい学生が詐欺的手法を使っておれおれ詐欺などをやったとしたら、それはいろんな新しい手法や仕組みを考え出して警察や専門家の先を行くすごい詐欺手法で、年寄りからお金を騙し取るに決まっている。

おれおれ詐欺が全くおさまらないのは、このためで、有能な若い人材が学費稼ぎのために詐欺グループに強力しているからなのだ。

生活に困った若く優秀な学生たちはそれこそ命がけで、知恵や体力を使い詐欺に協力しているはずだ。

これは本当にやっかいな問題となった。若者の貧困問題をなんとかしなければ一連の詐欺は収束しない。

この問題が深刻なのは、詐欺グループのターゲットが若い女の子などに向けられているということだ。それこそ恋愛関係や投資話など用いて女の子を風俗店で働かせて紹介料などを稼いでいる。

大事に育てた自分の娘を東京の大学などに送っている親などはそんな詐欺グループに騙されないかどうか心配で仕事も手につかないと思う。

そんな親などに対して今はハイテク技術が発達して、自分の子供が今どこにいるのかがわかるようなすごい技術がスマホに備えられている。

トーンモバイルなどは、MVNOにもかかわらずこんな機能を格安スマホに備えて販売しているからすごい。

こういう詐欺や格差問題について政府が対策をとることも大事だが、ハイテク技術もすごく有効に働く。

それに今は、詐欺的商法の筆頭職種と長年言われてきた不動産会社などもすばらしく良心的で公正な取り引き情報を教えてくれるイエウールのような不動産紹介サイトも登場している。

インターネットの時代になり詐欺的な商法が溢れる時代になってしまったがイエウールやトーンモバイルのようなすばらしいサービスを提供してくれる会社も生まれているのも事実だ。

現代の日本人はこれらの新しいサービスの信頼性をしっかりと見抜くするどい感覚を身につけなければならない。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です