男の人の人生はほとんど女で決まる1

男の人生はほとんど女で決まる。これはもう隠しきれないシビアな現実だ。自分の妻がおかしな人間だと出世は不可能と言っていい。

あるエリートサラリーマンの話なのだが、年収5000万円とかすごい給料を稼いでいた。

5000万円すげーと思うかもしれないが、それだけ仕事はハードの極みなのだ。3日間徹夜は当たり前で休日なしの日がずっと続く。

そんな毎日を過ごさなくてはいけない。だから夫婦生活もまともにうまくいくわけがない。

奥さんがよっぽど天然か、自分の父親がそういうエリートサラリーマンで男の人はそうやって働くものだと思って育っているかでないと、そんなダンナについていけない。

しかし、そんな奥さんでない人と結婚しなかった場合、ひどい目にあってしまう。

私の知り合いのエリートサラリーマンの奥さんは、ダンナがあまりにも、仕事一本の生活をするのでキレてホストクラブにハマってしまった。

今、ホストクラブは東京の繁華街だけで、2000店以上もあるらしい。この厳しい不況の中を生き残っただけあって、えりすぐりの精鋭店だけが経営している。

そんな中に入りこんでしまった奥さんは、1人のホストにのめりこんでしまった。ホストにハマるお金持ちが多い理由の1つには、不倫していないただ遊びに行っているだけという軽い感覚がある。

奥さんは、そのホストに2年で1500万円ぐらい使ってしまった。

そんな遊び方をすれば、当然、ダンナにもホスト遊びがばれてしまう。当然、この夫婦は離婚することになってしまったが、意外に離婚調停がスムーズに進んだ。

おかしいぞと思っていたら、現代のビジネスはすごい。こういう、夫婦専用のネット上で相談ができる街角法律相談所のようなサイトがちゃんとあってわずか2週間の調停でしっかりと離婚が成立してしまった。

そんなビジネスが流行る世の中はどこかおかしいような気もするが、このエリートサラリーマンのダンナは、精神的にも肉体的にも疲労困憊になって入院することになってしまった。

半年間の入院生活を経て今は、元気に働いているが、離婚のショックは大きかったらしく今でも、精神的なトラウマが残っていて、うつ病のクスリを飲んでいる。

そんな男性の姿を見ていると、やはり、1000万円を超えるようなビジネスマンには、しっかりとした奥さんが絶対に必要なのだと思ってしまう。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です