飲食店経営の難しさ

個人の飲食店経営はほとんどの人が大失敗する。それはなぜだろうか。私は20年もの間、いろんな飲食店経営の店を見てきた。

特にたくさん見てきたのが、脱サラのラーメン屋やスパゲティ屋だ。

この2つは、人柄が良くて真面目なサラリーマンがよくやりたがる業種といえる。

しかし、10年もの間、これらの個人店の経営を上手くやりきれる人は非常に少ない。

なぜか、それは、2つの大きな理由がある。1つは、ラーメンやスパゲティが好きでないこと。

ほとんどの人が儲かると聞いたか、個人でやれるなら、そっちの方がいいというノリでやる。

それぐらいの心意気で飲食店経営は絶対にやってはいけない。

ラーメン屋をやるなら、少なくとも、1週間で5日ぐらいはラーメンを食べるラーメンマニアでなければ、ラーメン屋は絶対に成功しない。

ラーメン屋で成功する店主は、狂信的なラーメン好きの人がほとんどだ。

それと、もう1つ、これは誰も言わないが、奥さんの成功体験があることが失敗につながる。

個人で何を経営するにも、奥さんが接客をする形態を選ぶ人がほとんどだ。飲食店経営などは、ほぼ100%その形態を選ぶ。

奥さんが高校時代や大学時代に優秀で、しかも、少しでも美しい容貌なら、必ずと言っていいほど、アルバイトなどをすれば、成功体験があるはず。

この奥さんの成功体験が、曲者で、夫を無謀な飲食店経営に走らせる失敗例が今の時代たくさんある。

飲食店経営で最も大事な戦略などは全く考えずに、ただ、小さな接客の成功体験だけで、500万円ものお金を今の時代は賭けていけない。

今の時代、成功している人はほとんどマニア的な趣味を持つ独身男性か離婚経験者が多い。

アダルトコミックなどが、そのいい例だ。今の時代、電子コミック化が実現して、アダルトコミックファンが求めているものを制作できれば、すぐに成功できるようなシステムができている。

アダルト同人誌配信ビジネスなどは、出版社を通さずに直接自分でアダルトコミックを売ることができる。

人気作家の作品を見てみると、すぐに解るが、NTRや野外露出など、非常に細かく人気分野が細分化されている。

アダルトコミック業界で大成功している師走の翁のヌーディストビーチに修学旅行で!!などは野外露出などの特殊性癖に興奮するアダルトコミックファンに絶大な人気になった。

これからの商売は、こういう特殊な性癖の人が特殊な性癖を好む人に向けて製品を制作しなければ、絶対に成功しないと思う。

運と人生が解る中国投資

20年以上前、中国に工場を建設した中小企業のオーナーがいた。その男の息子が最近まで、某県で、着物やのれん製品の販売で販路を広げて手広く商売するようになった。

その人物は中小企業の若手経営者の中でその地域のスター的存在とされて、いろんな賞をもらい羽振りのいい生活をしていた。

ところが、今の中国の状態を見て解るとおり中国政府のめちゃくちゃないいがかりにあい工場に共産党の幹部は入れられるわ、過去10年の工場の利益について税金をかけるわと、たいへんな経済的な苦境に喘いでいる。

もし、彼が、共産党が不当ないいがかりをしているなどと現地で裁判でもかければ最悪、むこうで逮捕、拘留されてしまう可能性さえある。

そうでなくとも、日本政府と中国政府で、ひどい紛争が起きれば、人質変わりとして逮捕されることも十分ありえる。

ひどい話だが、本人にしてみれば、もう、どうしようもないところまで中国に依存していて、中国政府のいいなり以外になる道は残されていない。

思うと中国ブームが起こって20年の歳月が過ぎたが、それまで、いい目を見てきた人たちは、これから、最悪な目にあうことになるだろう。

こんなことは20年前には誰も予想できなかったはずだ。

これこそ、本当の運としか言いようがない。

中学時代の優等生が社会に出てダメになるのはなぜか?

中学時代、生徒会長をやっていて成績優秀、そして、地元で最もいい高校を出た男がいる。

この男が、今何をやっているかというと、わけのわからん貧乏劇団の脇役をやっている。

中学時代は天才と言われていた男だ。最近になってわかってきたことだが、中学時代の優秀さと大人になってからの社会的成功は全く関係ないことがわかる。

これは不思議なことでもなんでもない。

中学時代というのは、極端なことを言ってしまえば、学校の先生に似ている人間が、出世する。

もっと言えば、先生たちにとって都合のいい生徒が生徒会に選ばれたりするようにできている。

だから、世間に出ると自分はただ、学校の先生に似ていただけの実力だったことを思い知ることになる。

それに気づかずに、自分は世間に出ても、まだ何かできることがあるなんて考えて理想主義に走って悪い人間の餌食になる人がいっぱいいる。

劇団に入るのも全く食えなくても自分は大きな理想の何かを追い続けているという錯覚が快感なのだと思う。

そういう人はある日突然パニックになることが多い。

現在、いろんな、ビジネスが、日本経済には生まれてきている。あまり人が言わないことを言うと、アダルトコンテンツの中で今最も勢いがある同人誌の分野で大儲けしているのは、けっして中学時代、生徒会長をやっていたような人間ではない。

どちらかといえば、目立つことのない成績の悪い学生だったはずだ。

そんな人間たちが、ヨールキパールキやまろん☆まろんのような人気同人サークルを設立して大儲けしている現実を見ると人生の本質を見るような気がする。

経営者感覚の欠如は致命的だ

これからの時代、日本人のマインドの中で最も大事なものはどんな能力だろうか。

いろんなものがあると思う。

その中でも最も大事なものの1つは経営者感覚だと思う。

つまり、経営学みたいな会社を経営していく能力のことだ。この能力がこれからすごく大事になってくることを痛感する。

今までは高度成長期だったから、会社に従属する能力が1番大事だった。つまり、会社を休まない体力、ごますり能力、ミスをしない隙のない狡猾さなど組織の中にいて絶対にうらまれない力みたいなものが重要だった。

ところが今の時代は全く違う。

そんな能力を社会は求めていない。とにかく、会社の利益を最大限に叩きだせる人間が必要になった。

少しで速く利益が出せる人間の集団でないと今の時代はすぐに倒産してしまう。

そういう厳しい時代になっている。

そのことはアダルトコンテンツの世界を見ればよくわかる。

unextアダルトのような全く新しいタイプのアダルトコンテンツ配信サービスが誕生した。もう配信開始から1年くらいになるが、すごい勢いで会員数を伸ばしている。

unextアダルトは、アダルト配信サービスだが、あまりに好調な会員数の伸びに担当社員たちはアダルトコンテンツということなど全く関係なしに誇らしげにいきいきと仕事をしている。

こんな10年前ぐらいには考えられなかったような日本のビジネス環境を見ると今の日本経済は泥臭く汚いことをやってでもとにかく利益を叩きだせる人材を求めていることが解る。

外面の美しさをよく考えよう

女性の美しさにもいろんな美しさがある。例えば、主婦業をしっかりやっている家庭的な美しさ。そして、水商売の女性がもっている華やかな美しさと美しさはいろいろだ。

サラリーマンをやっている男性もこの女性のいろいろな美しさでいい目を見たりひどい目にあったりする。

水商売の女の子に騙されてひどい目にあった男性は高度経済成長期にはたくさんいた。

その水商売の女性の借金の連帯保証人になってしまったり、とてつもない高い買い物につき合わされたりと昔のサラリーマンの苦労話はたくさんある。

そんな日本社会だったが、最近は、全く高度経済成長期と違ったことになっているから驚きだ。

まず、水商売をやっている女の子が全く変わってしまった。

昔はたくさんお金が稼ぎたいからとかそんな理由が多かったが、今は全く違って純粋に生きるために水商売をやっている。

それも水商売と言っても手取り30万円くらいもらえればいい方で、昔のように100万円もの月給を稼いでいる人はほとんどいない。

これはキャバクラだけの話ではない。風俗もそうなっている。昔は、月に90万円も稼ぐ女の子は普通にいた。

今そんな風俗嬢がいたらその子はアイドルになるよりも難しいくらいの運と才能に恵まれた子と言える。

そんな厳しい社会になってしまったけど、女性にとっておしゃれが難しい社会になったかと聞かれれば明確にノーと言えるだろう。

それは、格安なコスメの存在があるからだ。

現在、女性向けに販売されている最先端のコスメはとてつもなく性能がよくて信じられないくらい効果を発揮するものが多い。

そんなコスメが1万円あれば大量に買える。

10年前だったら10万円ぐらい払ってエステでしか使えなかったホスピピュアのようなコスメが今では1万円程度で買えてしまうからすごい。

だからこれからの男性は女性に対する見方を変えなくてはいけない。

見た目が美しくて健康的に見えてもコスメがいいから美しく健康的に見えていることがこれからは十分にありえるのだ。

内面はボロボロで完全な貧困女子でも最先端のコスメで上流の美しい女性に見えてしまう。

こういうことをしっかり学習しておかないとこれからの時代は結婚で大失敗するだろう。

最近の詐欺商法

運のよさを得ることができると宣伝したりして、最近はインターネットにいろんな詐欺的な言葉を並べて商売をしている人がいる。

こういうのは昔からある話なのだが、1番有名な詐欺がおれおれ詐欺だろう。

何度も何度もテレビなどでおれおれ詐欺について気をつけるようにと注意情報が流れても騙される人がいる。

この現象を見て識者の人が高齢者はネットを見ているからテレビでおれおれ詐欺の注意情報を出してもダメなんだなんて言う人がいる。

こういう人は現代の若者の生活の苦しさが全く解っていない。

上から目線でモノを言ってはいけない。

どうしておれおれ詐欺がなくならないか。これは現実の東京の若者、特に大学生の生活を見れば解る。20年前の大学生が見たら考えられないような厳しい大学生活を強いられている。

こんな過酷な生活を大学生活で送ってしっかり勉強できるのかとこちら心配になるほど、バイトに明け暮れて命を削ってお金を稼いでいる。

それも東京のエリート大学の在学生がそんな生活を送っているのだ。

この人たちはそれこそ頭の回転が優れていてしっかりとした基礎的学力を身につけている有能な人間たちだ。

生活に困ったこの若者たちが今、いろんな詐欺グループの手先となって学費を稼いでいるという。

エリート大学の頭のいい学生が詐欺的手法を使っておれおれ詐欺などをやったとしたら、それはいろんな新しい手法や仕組みを考え出して警察や専門家の先を行くすごい詐欺手法で、年寄りからお金を騙し取るに決まっている。

おれおれ詐欺が全くおさまらないのは、このためで、有能な若い人材が学費稼ぎのために詐欺グループに強力しているからなのだ。

生活に困った若く優秀な学生たちはそれこそ命がけで、知恵や体力を使い詐欺に協力しているはずだ。

これは本当にやっかいな問題となった。若者の貧困問題をなんとかしなければ一連の詐欺は収束しない。

この問題が深刻なのは、詐欺グループのターゲットが若い女の子などに向けられているということだ。それこそ恋愛関係や投資話など用いて女の子を風俗店で働かせて紹介料などを稼いでいる。

大事に育てた自分の娘を東京の大学などに送っている親などはそんな詐欺グループに騙されないかどうか心配で仕事も手につかないと思う。

そんな親などに対して今はハイテク技術が発達して、自分の子供が今どこにいるのかがわかるようなすごい技術がスマホに備えられている。

トーンモバイルなどは、MVNOにもかかわらずこんな機能を格安スマホに備えて販売しているからすごい。

こういう詐欺や格差問題について政府が対策をとることも大事だが、ハイテク技術もすごく有効に働く。

それに今は、詐欺的商法の筆頭職種と長年言われてきた不動産会社などもすばらしく良心的で公正な取り引き情報を教えてくれるイエウールのような不動産紹介サイトも登場している。

インターネットの時代になり詐欺的な商法が溢れる時代になってしまったがイエウールやトーンモバイルのようなすばらしいサービスを提供してくれる会社も生まれているのも事実だ。

現代の日本人はこれらの新しいサービスの信頼性をしっかりと見抜くするどい感覚を身につけなければならない。

天然ボケの人は周囲をメチャクチャにする

もう私も40歳になってしまう。今までいろんな人間を見てきてこの歳になってあることに気づいた。

それは天然ボケの人間は、周囲の人間関係をムチャクチャにするということだ。1番いい例が某超有名野球選手だ。

この人は日本のプロ野球界では伝説の天然ボケの男だが、柔和でやさしそうなヒーローのような感じだが、家庭はメチャクチャらしい。

自分が産んだ4人の子供はそれぞれがバラバラになっていて家族一緒にごはんも食べたことがないとのことだ。

今までは、こういう人間でも経済が右肩上がりだから何とかなった。しかし、これから低成長時代になればそんな天然ボケ人間を抱える会社は職場の人間関係に苦しんでしまうに違いない。

運のいい人間になるためには、自分がお金を稼ぐ職場が友好的な人間関係になっていることがすごく大事だと思う。

みんなが協力しあうそんな組織でなくては、これからは、競争に負けてしまう。

だから天然ボケにならないようにたえず、いろんな情報を吸収していくことが大事なのだ。

インターネット時代になり、そんな協力しあうすばらしい人間関係の中から生まれた競争力のかたまりのようないい商品が今大ヒット作品となって市場に出てきている。

大人気になっている同人誌などが、そんな商品の代表だ。桂あいりのカラミざかりなどの同人作品は、しっかりとした人間関係から生まれたヒット作だ。

カラミざかりのような商品を生み出すための友好的な人間関係の形成が今後、運のいい組織作りには必須の条件となるだろう。

現代のサラリーマンと運について

現代の成功しているサラリーマンには2種類いると思う。1つは、熱心に働く超行動的なサラリーマン。もう1つは、ゲームなどで会社が大ヒット商品を出して大儲けしてその利益にうまく乗ったサラリーマンの2種類だ。

1つ目の熱心なサラリーマンだけど、これはすごい。とんでもなく、行動的に営業でがんばっている。普通、営業だとがんばっているというのは、車で2時間だとか3時間だとか走りまわって仕事をとってくるようなそんな人間のことを言うと思う。

しかし、今の行動的なサラリーマンは次元が違う。東京と広島間などの日帰りは当たり前。ソウルと日本の間さえも日帰り営業をする。

こんな営業のやり方を毎月の半分はがんばって下請けにはすごいコストカットをせまる。それで月給が60万円くらいもらう。

こんな働き方で体がもつか心配になるが、今の時代、これくらい、がんばらないと、高い給料はもらえない。

そして、もう1つが、会社が大ヒット商品などを開発して高い給料をもらうサラリーマンだ。このタイプの人間は、非常に恵まれている。残業も月に20時間程度で、あとはほとんど定時労働だ。それでも、月給は60万円ぐらいもらえてボーナスも100万くらい余裕でもらう。

大ヒットしている芸能人AVをたくさん制作しているAVメーカーのMUTEKIなどに勤める社員はそんな働き方で高い給料をもらっている。

本当にうらやましいと思うが、これからの成功するサラリーマンの形というのは上記の2パターンに分かれると思う。

今からの時代、サラリーマンとして生きるならば、大ヒット商品を生み出す会社に就職することが運のいい人間になるための条件の1つになると思う。

男の人の人生はほとんど女で決まる1

男の人生はほとんど女で決まる。これはもう隠しきれないシビアな現実だ。自分の妻がおかしな人間だと出世は不可能と言っていい。

あるエリートサラリーマンの話なのだが、年収5000万円とかすごい給料を稼いでいた。

5000万円すげーと思うかもしれないが、それだけ仕事はハードの極みなのだ。3日間徹夜は当たり前で休日なしの日がずっと続く。

そんな毎日を過ごさなくてはいけない。だから夫婦生活もまともにうまくいくわけがない。

奥さんがよっぽど天然か、自分の父親がそういうエリートサラリーマンで男の人はそうやって働くものだと思って育っているかでないと、そんなダンナについていけない。

しかし、そんな奥さんでない人と結婚しなかった場合、ひどい目にあってしまう。

私の知り合いのエリートサラリーマンの奥さんは、ダンナがあまりにも、仕事一本の生活をするのでキレてホストクラブにハマってしまった。

今、ホストクラブは東京の繁華街だけで、2000店以上もあるらしい。この厳しい不況の中を生き残っただけあって、えりすぐりの精鋭店だけが経営している。

そんな中に入りこんでしまった奥さんは、1人のホストにのめりこんでしまった。ホストにハマるお金持ちが多い理由の1つには、不倫していないただ遊びに行っているだけという軽い感覚がある。

奥さんは、そのホストに2年で1500万円ぐらい使ってしまった。

そんな遊び方をすれば、当然、ダンナにもホスト遊びがばれてしまう。当然、この夫婦は離婚することになってしまったが、意外に離婚調停がスムーズに進んだ。

おかしいぞと思っていたら、現代のビジネスはすごい。こういう、夫婦専用のネット上で相談ができる街角法律相談所のようなサイトがちゃんとあってわずか2週間の調停でしっかりと離婚が成立してしまった。

そんなビジネスが流行る世の中はどこかおかしいような気もするが、このエリートサラリーマンのダンナは、精神的にも肉体的にも疲労困憊になって入院することになってしまった。

半年間の入院生活を経て今は、元気に働いているが、離婚のショックは大きかったらしく今でも、精神的なトラウマが残っていて、うつ病のクスリを飲んでいる。

そんな男性の姿を見ていると、やはり、1000万円を超えるようなビジネスマンには、しっかりとした奥さんが絶対に必要なのだと思ってしまう。

直観力を鍛える

運のいい人間になるために直観力がすごく大事だと思う。これは成長産業を見つける時などに非常に大事な力になる。

素直にいいものをいいと心の中で叫ぶ力というのは、簡単そうでなかなかできない。

具体的に、ある女の子Aさんを見た時、この人は有能な女の人だと思っても、乗っている車がボロボロならば、A子さんのイメージは低下してしまう。

だから最初のイメージを保つことは難しい。もっと簡単な例だと、この子はわがままだなと思える女の子と出会ったとして、その女の子が家でカップラーメンを作ってくれたりすると、この子はいい子なんではないかと男の人は評価を変えてしまう。

そして結婚してこんなことではなかったと後悔して離婚することになる。こんな感じで、直観力をしっかり使えている人は非常に少ないことが現状なのだ。

今までは、高度成長期だったからただ上の人間の言うことを聞くだけのゴマすり能力だけが必要だった。しかし、これからは、ゴマだけすっているようだとその会社が潰れてしまう。

いい商品を頭をひねって考えなくてはならない。そうでなければ、10年後のその会社が存続しているかどうかもあやしくなってしまう。

今この直感力をフルに使って大当たりしているのがエルシーノなどの女性用コスメの会社だ。まさに若い女性たちのニーズを的確に読んだ直感力のかたまりのようなコスメになっている。

第3次産業は直感の時代と言われているが、エルシーノの美白美容液のような人気商品を見ると、もうそういう時代になってきている。日本の男性は直観力を磨いていい製品を考えつく努力をしなければならない。